「いっちょんすかん」FIFFにて特別上映のご案内

Posted by on 8月 30, 2018 in ニュース

Continue

2018/09/14~2018/09/23の期間で開催されるアジアフォーカス・福岡国際映画祭(FIFF)におきまして、今年3回目を迎える熊本地震復興支援特別上映作品として行定勲監督作品「いっちょんすかん」の上映が決定いたしました。

FIFFでは2016年より映画の上映を通して、熊本の復興を支援するべく特別上映が始まりました。
2016年は「うつくしいひと」2017年は続編である「うつくしいひと サバ?」の上映が行われました。

3回目となる今年は「うつくしいひと」シリーズのスピンオフとも言える「くまもと映画」3作品目の「いっちょんすかん」が上映されます。

【上映作品】『いっちょすかん』 (2018年/日本/39分) 監督:行定勲
【日  時】 2018年9月15日(土) 開映13:00
【会  場】 ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13(キャナルシティ博多内)

【作品紹介】

あの夜、熊本の人々は愛と友情にゆれていた。

震災の夜の出来事をコミカルに描いた熊本映画第3弾!

熊本の情景を記録した映画『うつくしいひと』『うつくしいひと サバ?』。そのシリーズのスピンオフとして製作された行定勲監督の熊本映画3作品目。2016年4月、熊本。2度の大地震に襲われた当夜の様子を、シリーズのレギュラー田上を主役に据え、彼の恋愛事情を中心にコミカルに描いていく。笑えて、泣けて、心温まる作品。

4月14日夜。中年のよしひろ、洋平、ソリ、ボンは店で酒を飲んでいた。何かあれば「あいつ、いっちょんすかん」と口癖のように言い合う幼馴染だ。店内には田上の姿もある。そこへ泥酔したマコが現れるも何だか田上とは気まずい雰囲気。田上への当て付けにマコはよしひろに家まで送ってもらうことに。抜け駆けされ、みんなはまたも言い合う「いっちょんすかん」。気づけば店には田上とソリだけ。すると、ぐらりと店内が揺れだした。停電、悲鳴、物が落ち壊れていく――。

田上を米村亮太朗、田上の恋人マコ役に倉科カナ、もちろんシリーズでおなじみの探偵・玉屋末吉役の高良健吾、特別出演でゲン爺役に大地康雄、そして斎藤工が友情出演する。

 

※「いっちょんすかん」とは熊本弁で「全く好きじゃない」という意味。

いっちょん=すごく、すかん=好きじゃない

 

★上映後に行定勲監督のQ&Aを行ないます。

【行定勲監督プロフィール】

1968年生まれ。熊本県出身。デビュー作『ひまわり』(00)で第5回釜山国際映画祭にて国際批評家連盟賞を受賞し、演出力のある新鋭として期待を集める。『GO』(01)では、日本アカデミー賞最優秀監督賞をはじめ国内外の50の賞に輝き、『世界の中心で、愛をさけぶ』(04)が同年実写映画1位の大ヒットを記録。2010年、『パレード』が第60回ベルリン国際映画祭において国際批評家連盟賞を受賞、2018年に『リバーズ・エッジ』で2度目の国際批評家連盟賞を受賞した。現在は、「くまもと復興映画祭」のディレクターとしても活躍。

※「くまもと復興映画祭」は、2016年に震災した熊本にエールを送るため、前進の菊池映画祭(熊本県菊池市民有志によって開催されている映画祭)と熊本市が力を合わせて始まった映画祭です。

===========================================
<この件に関するお問い合わせ先>
アジアフォーカス・福岡国際映画祭  広報担当:大迫
TEL/080-6449-6445  E-メール/pub@focus-on-asia.com
===========================================
*最新情報はhttp://www.focus-on-asia.com


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です